スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

news

秋 [shu]
孤独と哀愁。
死と生、醜悪さ。
なによりも自身の模索。
沈む展

sizumu.jpg


3月14日(日)より3月27日(日)
場所 atelier bemstar

内面的な陰鬱が欲しいならいらしてください。
妥協なき生命を沈めます。
洋服などもあるようなのでゴシック関連の方も楽しめそうです。
a-blankのmottinoさんの企画です。

一緒に展示してくれる人も探しています。

a silent rock n roll


スポンサーサイト

塗る


100303_1848_0001.jpg



来週より始まる沈む展では、ポップだけど沈むものを

作ろうと思っていたのですが、

案の定元気がない時はあまり思い通りにはいかず、

希望が見えれば、また絶望を塗る。

罪を隠すように塗りたくるだけで、一体何が産まれるのだろうか、

常にワイン瓶が転がるアトリエはついに肉の腐ったにおいで覆われる



だれなんだろう?


私の白いパステルを食べてるのは。

どうやらネズミがいついてしまったらしい。

別に大したことじゃない。

ここらへんじゃネズミなんて珍しくはないし、

我々が森に住んでいたころは共に共存していたのだろう。


ただ私が願うのは、腐った肉のにおいがネズミでないようにと。

死体の処理が嫌なのではなく、

ただ動かなくなった友人を見るのが辛いのだ。

沈む展

sizumu.jpg


3月14日(日)より3月27日(日)

場所 atelier bemstar

内面的な陰鬱が欲しいならいらしてください。

妥協なき生命を沈めます。

洋服などもあるようなのでゴシック関連の方も楽しめそうです。

a-blankのmottinoさんの企画です。



A silent rock 'n' roll

63660.png




A silent rock 'n' roll like a fragile glasswork.





優しく撫でるように這う刺し傷をつけたまま

トイレに顔を突っ込んで全てを忘れたいんだ

此処には静かなるロックしかなくて

いつでもワインを浴びながら、硝子細工のように壊れそうな声で歌う

誰もいないのに、助けてくれってね

笑ってくれ、笑ってくれ



アフランドバリアッツ

2.jpg


自分を見つめている


いまだにそうだ、ふとした瞬間に鏡に姿が映ると

そこにいるのが誰なのかが分からずに吐き気がする

誰だこのクソ野郎は



この絵と一緒だ


まったく似ていないがどこか似ているような気がする

絵に囲まれて吐き気を催す


だが私ではない





誰かがまるで地獄だと言っていたが

あんたは地獄の何を知っているんだい?


割と心地いいんだぜ、針山のベッドも

涙を流すくらいにきっと





shu

Author:shu
生きることに絶望している。

というのは、

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。